大学の人事屋さん

人事労務・ライフハック系の情報を発信する大学職員のブログです

日本は正社員が圧倒的に強い(小野リース事件)

f:id:aka_man_booo:20210303073030p:plain

小野リース事件とは、平成22年に最高裁判例が出された事件です。

当時の営業部長がアルコール中毒により、平素の勤務態度はおろか、重要な取引相手との商談に寝過ごすなど会社に対して大きな損害を出していたのですが、彼を解雇としたことの合理性が問われた内容となっています。

 

アルコール中毒で会社に損害を出すなんてすごいね…。

こんな有様でも裁判で争われるほど、日本の解雇規制は強いものなんだ。

 

 

判例の意義

最高裁判例としては、「解雇の違法性はなし」です。

心情的には当たり前だろ、と思うかもしれませんが、最高裁判決までもつれているのは、単純に解雇に至るまでの相当性に関しての議論に加え、それよりも日本の雇用慣行における正社員の待遇が確たるものである証であると考えられます。

 

解雇においては、「客観的合理性」と「社会的相当性」が検証されるんだよ。

 

日本では正社員の地位は固い

 

専任待遇は凄まじくすごい

f:id:aka_man_booo:20210303072941j:plain

ここから大学教員・職員の話に入っていきますが、専任教員・職員の待遇の良さは(私立大学に限って)凄まじいものがあります。国立大学や公立大学は経済的に支えているのが国や地方公共団体ということもあって、待遇はあまり良くありません。

それどころか先生方にとっては業績や論文執筆数などの教員評価が厳格に行われるので、昔気質の方には辛いかもしれませんね。

 

じゃあ国立や公立の先生に旨味はないの?

ううん、やっぱり権威の世界だから先生方の中でも一目置かれることにはなるよ。

 

さて、どれぐらい凄いのかと言えば、地方の単科大学であったり、学生数が少ないということでもない限りは、50歳になる頃には1000万に届くのではないでしょうか(職員は役職者)。

あくまで肌感覚ですが、こんな感じです。もらいすぎです・・・よね・・・。本当に申し訳ないとも思いますが、ありがたいことです。

 

こちらの記事もオススメ!

www.uni-jinji.com

 

専任になったら基本辞めない

 

f:id:aka_man_booo:20210303073000j:plain
こんな待遇で辞める人がいると思いますか?

先生方はより良い研究環境があれば、他に行くこともあるでしょうが、職員に至っては基本辞めません。稀に辞める方もいますが、そういうのは、大体入職したばかりであまりにもひどい社内文化に絶望したり、人間関係が酷すぎて辞めるなどといった理由です(すべての大学がそうとは思いません)。

 

やっぱり独特な文化は各大学にあると思います。

 

しかしですね、上述の待遇であれば、30歳を過ぎた職員で退職を決意するには余程のことがない限りありえないですね。しかも最近では私大職員人気も非常に高いので、「入職できたらゴール」みたいな風潮はあります。

さらに先生方にとってもそれは同じことです。正直に申し上げて、一流の研究者というのはわずかです(御無礼お許しください)。

私の勤めている大学が中堅レベルなのもあるかもしれませんが、一部の先生たちはお荷物などとはとても申しませんが、研究者としては今一つな方々もまだまだいらっしゃいます。

 

そんなに低いレベルの先生たちがいるの?

時代背景も関係しているんだよ。

 

その理由は、第二次ベビーブーム(1970年初頭に生まれた方々)が大学生になる1990年前後は空前の大学ブームが到来し、大学業界においては絶大なバブル時代に突入しました。そこで足りなくなるのは教員ということで、言葉が悪くて本当に申し訳ありませんが、そこそこの先生でも大学教員になることができたのです。

今の時代の若手研究者の競争は凄いと思いますよ。その中にあって、かつてバブル時代に雇用された上述の先生方が辞めるかというと決して辞めることはありません。

 

そういう意味で中堅レベルの大学の若い優秀な先生は、ステップアップで上の大学のランクに移籍してしまう現実もあります。

 

専任待遇は美味し過ぎて普通は辞めない

 

日本は解雇規制が厳しすぎる

日本には正規雇用がとても守られている特徴があります。欧米ほど雇用市場に流動性がまだまだなく、そして大学のように公益性が高くお役所的な性格の強い組織においては、どんなに研究者・教育者としてイマイチな人でも一度専任待遇で雇ってしまったからにはそうそうクビにはできないのです。

ましてや冒頭の判例を見てお分かりのとおり、とんでもなく勤務態度が酷くない限りは解雇にはできません。私立大学の支出の5割〜7割は人件費ですが、まだまだ圧迫している層は健在でありますので、大きな改革や夢のある教育プログラムに資金投資する機会は先になりそうな気がしています。

 

大学では人件費による予算の固定化が問題

 

まとめ

なんか今回は生々しい話だったね。

やっぱり現実は厳しいよね。若手・中堅は多少なりとも不公平感を感じながら働いていると思うよ。

でもそれってどの時代、どの社会でも同じなんじゃない?

そのとおりだと思う。隣の芝生は青いものだよね。

 

この記事はnoteの内容をブログ用に編集したものです。

note.com