大学の人事屋さん

人事労務・ライフハック系の情報を発信する大学職員のブログです

【ココナラ解説】序盤の販売件数稼ぎはオールジャンルで勝負!

f:id:aka_man_booo:20210223150400p:plain

前回の記事でご紹介したとおり、2020年の自粛期間を利用してココナラで20万円を稼ぎ出すことに成功しました。ただ、やはり最初は相当苦労しました。

その部分を語らずして、安易に「稼げる」と宣伝することはできませんよね。そこで今回は序盤の販売件数稼ぎについてお話いたします。

 

最初はみんな販売件数0だもんね。

そうそう。まずは仕組みを理解する上でも数をこなすのは大事なことだよ。

 

20万円稼いだ記事はこちら!

uni-jinji.hatenablog.com

 

 

まずはプロフィール作成から

既に登録されている方は、この項は飛ばしていただいても構いません。もしまだの方がいれば、プロフィールを充実させることから始めてください。

 

やっぱり、仕事を依頼する以上はどんな人物なのか気になるよね。

そのとおり。次項で説明するけど、序盤はお客さんに選んでもらう必要があるからね。

 

参考までに私のページを載せておきますね。

coconala.com

 

背景やアカウント画像も大事ですが、本当に大切なのは以下の2点です。

・キャッチコピー

・得意分野(あと経歴)

 

f:id:aka_man_booo:20210223133907p:plain

キャッチコピー

f:id:aka_man_booo:20210223133925p:plain

得意分野

ガンガン受注していた頃はキャッチコピーを「開設一ヶ月でプラチナランク獲得!」にしていました。

現在は、中々まとまった時間が取れずブロンズランクに落ち着いています。

 

実績がない内は、「丁寧」「誠実」「レスポンスが早い」などをウリにすると印象が良いと思いますよ。

 

まずはプロフィールの充実から!

 

公募の案件を獲得していく

さて、プロフィールがある程度整ったら、公募の案件に目を通していきましょう。

 

せっかくプロフィール欄が出来たんだから、出品サービスを並べたいな!

待ちなさい。弱小出品者のページを簡単に見てもらえると思うのかい?

うう。そんなにはっきり言わなくても…。

 

プロフィール欄が充実してくると、早速出品サービスも整えたくなりますが、それは案件獲得が軌道に乗り、自身の強みがはっきりしてきてからにしましょう。

 

f:id:aka_man_booo:20210223095709p:plain

とある方のページを参考にしています。

これが出品サービスのページです。

自身の商品をお客さんに買ってもらう場所ですが、そもそもお店に足を運んでもらえない段階で商品を並べても買う人がいませんよね?そういうことです。

 

こちらの「仕事・相談を探す」から案件を探っていきましょう。

f:id:aka_man_booo:20210223135639p:plain

 

トップページのヘッダーバーにあるタブから入って探すことができます。

 

案件受注の流れはどんな感じなの?

 

まずは、公募状態の「仕事・相談」の中で自分ができそうなものをクリックし、相手とコンタクトを取ります。

以下、実際の画面を見ながら解説していきます。

f:id:aka_man_booo:20210223140853p:plain

これがお仕事の相談ページになります。

左側の情報を見ながら自分で取り組める内容か確認し、できるようであれば右上の「提案する」ボタンからコンタクトを取っていくことになります。

 

①予算

②納品希望日

③ターゲット像

 

ここで先方のニーズをきちんと把握することが大切です。

お金をもらって仕事をする以上は、自身のやりたいことではなく、持てる力を発揮してお客さんに満足してもらうことが最優先になります。

 

考えてみれば当たり前のことですが、案件をこなす中で、プロ意識に欠ける提案者の方やいい加減な仕事をする方もそれなりにいるのが現実です。

 

さて、案件の概要が確認できたら右上の「提案する」から、先方にメッセージを送ります。その際に伝えることは3点です。

 

・提案金額

・納品可能日

・制作に関すること

 

上述の①〜③を踏まえた提案をしましょう。特に誰をターゲットとしているのか、テイストや雰囲気の好みはどうか、こういった中々文章で伝えることが難しいところこそ重要で、提案の際にバチっと相手のニーズを掴めれば、案件獲得に繋がっていきます。 

 

ちなみに提案文章案はこんな感じ

金額:1,500円

納期:受注してから3日ほど

 

発注者様

はじめまして。ココナラで動画制作を行っております人事屋と申します。

今回は、エンタメ系の動画編集のご依頼ということで、是非お任せいただきたくご提案させていただきました。

詳細は私のプロフィールをご覧いただければと存じますが、○○というソフトを使った動画編集歴が2年あります。

視聴者様の層の80%が男性ということもありますので、熱さ・渋カッコ良さなどを演出することで更なるファン獲得に貢献したいと考えております。

お任せいただけました際には、発注者様のご要望実現に向けて取り組ませていただきます。

そのため、細かなやり取りも発生するかもしれませんが、よろしければご検討くださいますようよろしくお願いいたします。

 

うわ!バリバリのビジネス文章だね。

そらそうよ。「この人なら任せられる」って思ってもらわないと話が次に進まないからね。

 

私の場合は、「ご要望第一」を掲げて誠実な姿勢をアピールして提案を行っていました。その後のやり取りで、発注いただけなかったこともありますし、思っていたよりも高度な技術が必要で辞退したこともあります。

しかし仕事をする上では、繰り返しになりますが「相手に満足してもらう」 ことが最優先になりますので、できないことを引き受けたり、あやふやな言葉で誤魔化すことは絶対にしてはいけません。

 

引き受けた仕事は最後まできっちりと!

 

序盤はとにかく案件をさばく

ここまで準備が整えば、あとはひたすら案件獲得のために提案をしていくことになります。私はとにかくできそうな仕事を片っ端からオファーしていたので、ある意味では節操がないやり方かもしれません。しかし、実績を積んでいかなくては先に進めないとも思っています。

 

参考までに序盤はこんな案件を獲得してました。

・人事労務メールマガジンの文章作成(500円)

・営業パワポの台本作成(1,000円)

・営業チラシのコピーライティング(500円)

・副業がバレないための方法伝授(1,000円)

・個人ブログのアドバイス(1,000円)

 

いかがでしょう。

動画編集とかどこいったん?

と思いませんか(笑)

 

元々動画編集をやるつもりでココナラを始めた私ですが、序盤は他の仕事も含めて実績がなかったことから動画編集案件を獲得できずにいました。

むしろ今は動画編集できる人が増えたので、めちゃめちゃ倍率高いです。

 

それはそれとしても、まずは実績を作らねば!ということで、片っ端から案件をこなしていたんですね。

しかしありがたいことに、しっかり提案者さんに向き合って取り組めば、相応に評価をしていただけますよ。上記の5個の案件でおひねりを3つもらっています。

 

おひねりとは、発注者さんが追加で報酬を支払ってくれるシステムです。

ここでしっかりとニーズを掴む練習ができてたんだね。

今思えばそうだね。ぶっちゃけ本業よりきっちりやってたよ(笑)

それはどうなの?

 

もしココナラで副業を始めたいという方がいれば、参考にしていただければ幸いです。

この序盤の努力もあって、中盤以降は念願の動画編集を中心に稼ぐ体制を整えることができました。