FIREしない大学職員のブログ

サラリーをベースに複業・副業・投資で富裕層を目指します

大学職員を目指す人向け

大学職員の仕事紹介【法人部門編】

大学職員というと窓口で対応してくれる人をイメージされるかもしれません。しかし実際にはそれは大学職員のほんの一部であり、実はもっと多くの仕事があったりします。そこで今回は、中でもイメージしづらい法人部門の仕事についてご紹介していこうと思いま…

【倍率数百倍?!】大学職員が狭き門なのはなぜなのか

まったり高給の代名詞(?)でもある大学職員。その倍率は時には数百倍にもなる職業ですが、このブログをご覧の皆さんもビビってしまうのが正直なところだと思います。今回はなぜ倍率が高いのかという理由に加えて、選考を受ける上での心構えについてもご説…

大学職員になりたい人必見!!【面接編】

前回、大学職員になりたい人向けの記事をアップしました。そこでは志望動機に関することを記載いたしましたが、今回は面接編ということでご説明していきたいと思います。書類が通ってやっと面接に進むわけですが、ここでも落とし穴はたくさんあります。 www.…

大学職員になりたい人必見!!【志望動機編】

そろそろ大学職員の就職活動戦線も始まる時期になってきましたね。このブログをご覧いただいている方の多く(いや、全て)が大学職員を志している方だと思いますので、気になる志望動機について、注意点を中心にご紹介していこうと思います。

【職場選び】志願者数は複数年で見ろ!

読売新聞で「私大ほぼ半数が定員割れ」という記事が出ました。私立大学にとって、学生納付金はメインの収入源であり、大学職員を目指している方や、入職して間もない方など気になるニュースではないでしょうか。しかし落ち着いてください。今回は志願者数に…

大学職員志望理由

まったり高給で名高い大学職員。倍率は数十倍〜数百倍の難関を乗り越えるにはどうしたら良いのか。僭越ながら私の時はエントリーだけで1500倍でした。そんな私の志望動機を公開します!

大学職員になるなら私大が絶対に良い理由

大学には、国立・公立・私立がありますよね。私は私立大学に勤めている訳ですが、就職活動の時には国立大学も受けていました。しかし、改めて振り返ると本当に私立大学で良かったと思っています。

コロナ禍で社内文化が変わった話

コロナ禍で大学業界は大きく変わりました。それは大学に限らず、他の会社さんもそうでしょうが、古い組織文化や仕事の仕方まで多くのことが変化しました。こちらではコロナ禍がもたらした変化について記載していきます。

大学職員は魅力たっぷりの仕事!

新卒で入職し、私も30代に突入し中堅クラスになってきました。世間ではホワイトだとかまったり高給だとか言われますが、実際のところはどうなんでしょう。コロナ禍でも大きく業界は変わりましたし、改めて大学職員になって良かったことをまとめてみます。

【徹底解説】大学職員はやめたほうがいい理由

検索サイトで「大学職員」と入力すると、「やめとけ」というキーワードが出るんですよね。現職からすると、なんで??って感じですが、ブログや記事を拝見すると納得する部分もありましたので、今回触れていくことにしました。

FIRE・リタイアをする必要性

最近、FIREやアーリーリタイアという言葉を良く耳にします。それだけ若い世代が会社で出世することを目指さなくなってきており、代わりに自由な時間を大切にするようになっていることの現れだと感じます。しかしそもそもどういう理由でFIRE・リタイアを目指…

絶対NG!!大学職員の採用選考で気をつけるべきこと

安定していて高収入の大学職員人気が高まっています。 今回は、大学職員の採用選考で気をつけるべきことをお話いたします。私は人事部で採用選考を何度も経験しているので、根拠も併せてご紹介していきますね。

【目指す人向け】大学の経営状況は入試手当で見極めよ!

「入試手当」とは文字どおり、入試を行ったことに対する手当のことですが、この取り扱いが、実は大学によって大きく異なっています。 今回は「入試手当」を鍵として、大学の経営状況を見極めるヒントにしていただければと思います。

日本は正社員が圧倒的に強い(小野リース事件)

小野リース事件とは、平成22年に最高裁判例が出された事件です。 当時の営業部長がアルコール中毒により、平素の勤務態度はおろか、重要な取引相手との商談に寝過ごすなど会社に対して大きな損害を出していたのですが、彼を解雇としたことの合理性が問われた…

【就活生必見】大学のインターン対策はこれ!!

就業人口、もっと言えば新卒人口の減少に伴って、大学も他の民間企業の例に漏れることなく、優秀な人材を確保するために必死に採用活動を行っています。 その中の手段の一つがインターンシップですが、今回は大学職員を志す方に向けて、その攻略法をお話いた…

【就活生必見】大学職員になりたいならインターンシップに参加しよう!!

いよいよ求人票が公開となり、マイナビや各種就活サイトがオープンされました! 大学業界も2022年卒の優秀な人材獲得に向けて一斉に動き出しております。そこで、今回は大学職員を目指している人向けに、インターンシップを強くオススメする理由をお話いたし…

【高待遇】大学職員の収入公開(令和2年版)

大学職員と聞いて、どのようなイメージを持ちますか? 最近ではネット情報でも出回るようになってきたので、その厚遇ぶりが世間にも知られるようにもなりました。 今回は私の給与を元に、一例として待遇についてお話します。

”withコロナ”で大学が変えるべき3つの要素!!

令和2年(2020年)は未曾有の事態に陥ったため、大学は急激な変化の年に見舞われました。 確かにこれまで牧歌的な雰囲気があったことは確かですが、今後の教育サービスは否が応でも変えていかなければなりません。その3つの要素についてお話していきたいと思…

わかりやすく大学職員と大学教員の関係性を解説します!

大学で働く上で重要なキーワードの一つが”教職協働”です。 教員と職員が一緒になって、大学を運営するということを指していますが、今回は少し違った目線で大学職員と大学教員の関係性についてお話してみます。

大学職員ってどんな仕事??実はこんな存在でした!

今年も新卒採用のシーズンがやって参りました。 コロナ禍の影響もあって不景気が続いていきますので、今後の私大職員人気は高まっていきそうですね。 そこで、改めて私大職員という仕事についてご紹介していこうと思います。